桃色の豚

ただの豚野郎

しゃくれインディアン

友人にSという、ビッチのように見せかけて実は家庭的ないい子かなと思いきややはりビッチだったわ、というしょうもない女がいる。

彼女とは10年来の付き合いで、私は意味不明なSが大好きだ。

 

そんなSは色々と訳あって、一時期私と同じ会社の同じチームで働いていたことがある。

 

当時、私はTwitterロゴマークの付箋を持っていた。

 

これ。

f:id:mokkoda4:20170819211546j:plain

 

 当時私は正社員、Sはアルバイト。

正社員だけが参加する部内会議などがあったため、しばしばSがチームの島に1人になることがあった。

 

ある日、SとTwitter付箋を島に残し、S以外が会議に出て戻ってくると、こんなものが置いてあった。

f:id:mokkoda4:20170819221820j:image

 

才能って、あるところにはあるよね。

と、そう思った夕下がりだったのでした。